インフルエンザが広がっている

オリゴ糖が身体や腸のために良いというのはみんな理解しています。

しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が出ないのではという予想の人もいます。

でも実際はオリゴ糖が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、体の健康維持のためにとても効果的です。

ところで、オリゴ糖と聞いて連想されるのはカルピスです。

子供時代から、毎日楽しんでいました。

その理由はオリゴ糖が入っているからです。

お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。

きっと、カルピスを飲み続けていたので元気な身体になりました。

乳児がインフルエンザになったら、殊の外大変なことにすすんでいきます。

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。

ですから、インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が正解かもしれません。

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、悲惨な見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、効果を全く感じなかったのに、住居を変えたところ、いきなり肌が綺麗になり、我慢できない痒みもなくなりました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピー治療に向くのかもしれません。

便秘に効くツボで有名なのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。

また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。

手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

色々なタイプの便秘によっても、効くツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで効果がでやすいでしょう。

母は深刻なアトピーです。

遺伝してしまったみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。

肌が荒れてしまって、毎日の保湿ケアが欠かせません。

スキンケアをきちんとしないと、外出も困難なのです。

母を憎んでも仕方ないですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、恐ろしくなります。

以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が経験したのは、かなり大量にたべないと、あまり効果がない気がします。

1日に1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

便秘をオリゴ糖で比較してヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、嫌な人もジャムを入れたりして、なるべく摂取するとよいでしょう。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク